最強の就業規則

saikyo-b

増収増益に強い!オールスター社労士によるノウハウがここに集結

5年連続、年間100万件超え!

これは労働基準監督署等へ駆け込み相談があった労働条件の相違による労務相談数です。

 

・残業を指示していないにもかかわらず、未払い残業代を請求された。

・不良社員に辞めてもらったが、退職金を支払わなかった。退職金規程はないが、慣例として退職者に退職金を払っていたところ、この不良社員より、退職金の支払いを求められた。

・転勤を命じたが、配置転換を拒否されたので解雇したところ、解雇無効だと訴えられた。

・制服の着替えの時間は勤務時間だ!と、2年分の残業代の支払いを求められた。

・○○○○を理由に欠勤をくりかえしている者を辞めさせられない。

・業務命令で指導したつもりが、いじめられ、パワハラを受けたと相談があったので調査したいと労働相談センターから電話が、、、。

Businessman burdened by taxes

行政官庁(労働基準監督署など)からの是正勧告・指導を受けるようなことが続いたり、また、労働裁判ともなれば日々の営業活動にも相当な影響を及ぼします。

前述のようにサービス残業問題や退職に伴うトラブル、モンスター社員やブラック企業という言葉が流行するくらい労務管理のスキを突いた事故・事件が後を絶ちません。

労働条件を明確にした就業規則の作成・改定で「ブラック企業と言わせない!モンスター社員を生み出さない」組織風土を作りましょう!

Choose the correct way一方、私どもの就業規則コンサルティングを受けらた多くのお客様は、「トラブルが激減」し「増収増益」になっておられます。

なぜ、私たちが作成した就業規則で「トラブルが激減」し「増収増益」になったか。

私たちは、今後、予想される人事労務管理の最重要点を常に意識しています。

cooun1

以上の最重要課題を克服するため、真摯に取り組んでいます。

 

その上でなぜ、私たちが作成した就業規則で「トラブルが激減」し「増収増益」になったかの理由は大きく4つ

①    経営者の想いが言葉になり、会社の方針が社員に伝わったから。

②    社長が考えている労働条件と社員が考えている労働条件が食い違っていることを明らかにできたから。

③    蓄積された労務相談のノウハウを詰め込んだ労務トラブル未然防止型のルールブックになっている。

④    難しい法律用語ではなく誰が見ても理解できる文章になっているので、やって良いこと・悪いことが分かりやすく明確になったから。

 

そして、働く喜びを感じる感性豊かな人材を育成することに力を注いでいます。

 

弊社は、日本の中小企業を人材育成から最強にする労務管理のシンクタンク「リーガルネットワーク」です。

 saikyo4saiky05年に2~3回、各地で実際に起こった労務管理上の問題やその解決手法を持ち寄り、合宿にて集中的にノウハウの交換を行っています。

ここに集められた労務管理のノウハウは、日本の中小企業を人材から最強にする就業規則として明文化され、労務トラブルを未然防止し、御社の「増収増益」に寄与します。 ??????????????????

オールスター社労士からのメッセージ

 

パートナー弁護士の声

お気軽にお声がけ下さい。必ずや、お役に立てると考えております。

 

最新のセミナー情報はこちらをクリック ↓

prof10

問い合わせリーガルネットワークへのコンサルティング依頼やご質問はお気軽にご連絡下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

 

ページ上部へ戻る